東京に事務所を移転するメリット

東京に事務所を移転するメリットとポイント

東京に事務所を移転するというのは、ちょっと勇気がいることかもしれませんが、メリット・デメリットやポイントを調べ、よく比較検討をして、自分の会社にフィットする条件があるか見定めて実行すれば、非常に魅力的なものです。

東京に事務所を構えるメリット

東京に事務所を構えるというだけで、会社としての印象はかなりかわります。仕事上発生する、打ち合わせや挨拶回りのやり取りなどにも便利です。他社も競合するエリアで事業を行い、高い地価でも費用的に賄えているという事は、企業のイメージアップにもつながります。新卒や転職で新たに仕事先を探している人たちの視点からも、それは伝わってきます。東京に本社やメインオフィスを構えている企業は、応募者の数が多い傾向のようです。それらのメリットを検討し、事務所の移転先を東京にするというのもひとつの良い選択です。他に企業が多いという事は、競合会社ばかりという事ではありません。ビジネスチャンスも増えるのではないでしょうか。事業計画に基づき上手く運営できれば、魅力的な地域です。

事務所の移転先を東京で選ぶポイント

事務所は、交通の便がよく仕事しやすい場所を選ぶのがポイントになると思います。顧客から見ても、従業員から見ても、公共の電車やバスが近くに通っていることは魅力的です。また東京は、多くの企業が集中しており、ビジネス拠点にふさわしい場所が多くあります。内容を比較して会社に合う最適な物件を見つけたいものです。移転の目的は会社により異なり、経営を軌道に乗せるためには需要が得られる場所でなければいけません。事務所は、場所以外にも、間取りや広さにより価格が異なり使用目的により検討することが望ましいです。東京は、本社機能がある企業が多く、一時的拠点とする場合も多いようで、その場合、土地の安い場所で事務所を展開すれば費用は抑えることもできそうです。

仕事場に通いやすい住まい

事務所を移転した場合、多くの場合は自宅も引越しが必要になるのではないでしょうか。東京は、家賃の高い場所が多いです。地方で同額で借りられる場所と比較すると、かなり狭く感じます。また、同じ広さぐらいで借りようとすると数倍の家賃になってしまうのではないでしょうか。これは、会社経営者にとって、経営上・生活上とても大きくのしかかってくる問題の一つです。従業員であれば、住居費用は収入に対してより一層大きなウェイトを占めるのではないでしょうか。しかし、東京も都心を離れてみると、比較的割安で借りられる場所もあり、通勤時間はかかっても少し遠くに住むという方法もあります。また、駅から遠ければ安くなる傾向にあるので、駅まで自転車を使用するというのも良いのではないでしょうか。視点を変えれば、健康的な生活ができそうです。