東京からの脱出と事務所の移転

事務所の移転は東京のあちらこちらで見られる

東京といえば、日本の首都でもあり、政治や経済、文化に教育などの中心的役割を果たしています。そんなこともあり、事務所の移転を決める企業も多くあります。地方創生の観点からの取り組みにも注目が集まります。

引っ越し業者への依頼

事務所を移転するというニーズが東京で多くあることについては、容易に推測することができます。多くの企業の本支店が多いことはまぎれもない事実です。事務所の移転については、多くの人手と煩雑な手続きが必要になります。家庭レベルの引っ越しとは異なりますので、当然のことといえるのではないでしょうか。事務所の移転が決まったのであれば、取引先や顧客への周知徹底はもとより、従業員の通勤に関わる問題にも対応する必要性が生じることになります。
東京に限ったことではありませんが、事務所の移転については、専門業者に依頼することが一般的です。従業員ができることといえば、ダンボール等に必要な書類や資材、商材などを入れたり、引っ越し業者との打ち合わせをすることになります。

スポットライトを浴びる地方

東京から地方に事務所を移転するという企業の動きも加速しており、話題を呼んでいます。地方への移転が多くなっているのは、国家戦略による影響が大きいことも念頭におくべきといえるでしょう。地方創生や地方活性化といったことが大きくクローズアップされるようになってきました。背景にあるのが、高齢化社会の進行に伴う人口減少社会です。地方の衰退が一層と進むことへの危機感が社会に変化をもたらしているのです。
東京には多くの企業が多いため、自然と地方からも注目を集めることになります。東京から地方に移転することによって、税制上のメリットを受けることができるなどの利点があります。さまざまなメリットがあるのは事実ですが、今のところ、その取り組みを現実にできるのは、一部に限定されています。

見直される東京一極集中

事務所の移転を東京から地方へ決めるのは、その多くをIT企業や通信事業者などが占めています。これらの業界に共通しているのは、どこでもビジネスができるという点です。ネットワークサービスがもたらした利便性を享受している企業は多くあります。ロボット社会や人工知能などへの取り組みにもネットワークの活用が必要不可欠になっています。
どこでもできるビジネスの躍進は、さまざまな面において有用性を持っています。在宅ワークなどの広がりにも大きく貢献しているのです。子育てや介護しながら仕事ができるというのも魅力的なことです。東京は大きなマーケットではあるものの、東京にいなくても、ビジネス展開ができるということが最大の魅力です。